所有権解除についてのトラブル

車検証を見てみると「所有者」という欄があり、そこには、「その自動車を所有している人」の名前が記載されています。
多くの場合は車を買った本人が所有者になっていますが、月賦払い(ローン)などで車を購入すると、車の販売代理店やローン会社などが所有者になっている場合があります。

そういった場合、他人の車を勝手に売却することは出来ませんので、「所有者」欄に記載されている会社の「所有権」を解除する必要があります。これを「所有権解除」といいます。
ここでは、所有権解除の方法とトラブルについてご説明します。

車の所有者が分かっている場合
車の所有者になっている会社に連絡をし、所有権を解除するための手続きをしてもらいましょう。
この際、ローンが残っている場合はもちろん返済が必要です。
その場合の返済方法については、担当会社と直接相談しましょう。

車の所有者と連絡が取れない場合
車の所有者になっている会社が倒産などで連絡が取れなくなってしまっている場合などがこれにあたります。
所有権解除をするには、所有者(または管財人)を探しだして、印鑑証明と委任状を用意しないと手続きが完了出来ません。
このような場合は、手続きに慣れている車の買取ショップに相談をもちかけるか、名義変更の代行屋に依頼をするのが無難な解決策といえるでしょう。

※ここに記載されている事例・対処法はあくまで一例です。
実際のトラブル事例によって対処法は変わってきますので、不明な点が多い場合は専門家への相談をオススメします。

30秒で簡単入力最大8社へ一括査定

ページの先頭へ

中古車査定・車買取の決定版!!

©2010 車査定(株)RECOMMEND