車の売却時に必要な書類

査定が終わり、「いよいよ車の売却をする!」という際には、以下のような書類が必要になってきます。
確認してみましょう。

・車検証(自動車検査証)
査定の際に用意しているので問題ないですね。無くしてしまった場合は、車のナンバーを発行した陸運支局などへ行って、再発行をしてもらいましょう。

・自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)
こちらも査定の際に用意してあるので問題ないはずです。

・自動車納税証明書
名前のとおり、自動車税を納付していることの証明書になります。
一般的には、毎年5月頃に税務署から通知書が送付され、一年分の自動車税を支払うと税収印を押した控えがもらえます。この控えが自動車納税証明書になります。

・実印
役所に届出、登録した印鑑です。
車や不動産の売買などをするときに役所に登録したものが必要です。

・印鑑証明(印鑑登録証明書)
上記の実印を登録した役所や、市町村の出張所などで発行してもらうことが出来ます。詳しくはお住まいの市町村の役所へ問い合わせてみましょう。

・運転免許証
車を持っている方なら、これは問題ないですね。

30秒で簡単入力最大8社へ一括査定

ページの先頭へ

中古車査定・車買取の決定版!!

©2010 車査定(株)RECOMMEND