車の「下取り」と「買取り」の違いって?

車を売却しようとしたとき、よく耳にする言葉が「下取り」と「買取り」です。
この二つの言葉の間には、どのような違いがあるのでしょうか?
知っておくとトクをする、その違いについて説明いたします。 新車を購入する際に、今乗っている車をディーラーに引き取ってもらい、その買取価格の分だけ新車の購入金額を差し引いてもらうことを「下取り」と言います。
◆メリット◆
・古い車種や人気の無い車でも一定の値段をつけてくれる事が多い。
・新車の納車と同時に引き渡せるので、代車の必要がない。

「下取り」とは? 中古車買取専門の業者に車を査定・買取りをしてもらうことを「買取り」といいます。

◆メリット◆ ・社外パーツ(エアロパーツなど)の査定額が評価されやすい。
・下取りよりも、査定額の判断基準が細かいことが多い。
・「買取り」とは? 「下取り」と「買取り」、結局どちらが得か?
こればかりは、車それぞれの条件によって毎回変わってしまうことなので、どちらが得策かという答えは出てきません。
やはり、両方で査定額を出してもらい、「自分にとってメリットが大きいのはどちらか?」を考えてみるのが一番の得策と言えるでしょう。

30秒で簡単入力最大8社へ一括査定

ページの先頭へ

中古車査定・車買取の決定版!!

©2010 車査定(株)RECOMMEND