スタンディングウェーブ現象

そもそもスタンディングウェーブ現象とは、空気圧が低いタイヤのまま高速道路等を走行した場合、タイヤの接地面より後方が波状に変形してしまうことです。
空気圧が正常な場合はタイヤと路面の接地部分のゆがみは波となって前後に伝わるりますが、タイヤの波の伝わるスピードよりタイヤの回転が速いと、次から次へと波が重なり合って大きな波となりタイヤを変形させ、変形した箇所に熱がたまりしだいにタイヤが耐えれなくなりバーストしてしまいます。
簡単に説明すると、タイヤと路面が接地してへこんだ形が元に戻る前にタイヤが一周してしまい、地面がタイヤをへこまそうとする力とタイヤが元の形に戻ろうとする力のバランスが崩れてしまう状態。
このスタンディングウェーブ現象でできた波は車に大きな振動などがある訳ではないので、運転者や同乗者には認識しづらいく、振動に気付いた時にはタイヤ自体はすでに大きな亀裂が入ってしまったり、完全に裂けてしまうなど手遅れな状態がほとんどです。
場合によっては全く気付かず大きな破裂音がしタイヤが破裂してから初めて気付く人も少なくありません。
万が一高速道路等でスタンディングウェーブ現象が発生しバースト等してしまった場合にはハンドルをしっかり押さえ減速し、路肩など安全な場所に車を停車させましょう。
高速走行をする場合は必ずガソリンスタンドなどで空気圧をチェックしスタンディングウェーブ現象が起きないよう注意しましょう!

30秒で簡単入力最大8社へ一括査定

ページの先頭へ
30秒で簡単入力最大8社へ一括査定
車スタジオの活用法 車高額買取のコツ 必要な書類 車お役立ちコンテンツ

中古車査定・車買取の決定版!!

©2010 車査定(株)RECOMMEND