必要な書類

車査定時に必要な書類 車の売却時に必要な書類 特殊な場合に必要な書類
車査定時に必要な書類

車の査定をするときに、次の二つの書類が必要になります。この書類がないと、どんな業者に頼んでも車の査定や売却ができませんので必ず用意してください。一般的には、車のダッシュボードなどに入れられている事が多いので、どこにあるか分からない、忘れたという方は一度探してみることをお勧めします。

車検証

正式名称は『自動車検査証』といいます。新車登録(軽自動車は届出)時に発行され、ナンバー、用途、所有者、使用者、車検満期日などが記載されています。万一、車検証を紛失してしまった場合は、車のナンバーを発行した陸運支局などへ行けば再発行をしてもらうことも可能です。
※車を月賦払いで購入した時などは、所有者の名義が販売店や金融機関の名義になっている場合があります。
この場合は、車を勝手に売却することが出来ないので、車の購入時の担当販売店などに相談してみることをお勧めします。

自賠責保険証

車に乗る際、加入が義務付けられている保険を自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)といいます。
別名「強制保険」とも言います。
万一紛失してしまった場合、車の査定や売却が出来なくなるので、再発行が必要です。自賠責保険の原簿は、加入している保険会社にありますので、保険会社や担当代理店に問い合わせてみることをお勧めします。
※よくあるケースですが、車検証と一緒のファイルに入っていることも少なくないので、問い合わせをする前に一度探してみましょう。


売却時に必要な書類

査定が完了し、「さぁ車の売却をするぞ!」というときには、以下の書類が必要になります。確認してみましょう。

車検証

査定の際に用意してあるので問題ないでしょう。

自賠責保険証

査定の際に用意してあるので問題ないでしょう。

自動車納税証明書

自動車税とは毎年4月1日に所有者もしくは使用者に対して課せられる地方税で、5月に通知書が送付され、1年分の自動車税を納めなくてはなりません。自動車税を支払うと税収印を押した控えがもらえます。これが当年度の自動車納税証明書です。
紛失した際は、ナンバーを取得した都道府県の税事務所で再発行できます。

実印

書類に押印した印鑑が実印と証明するための書類です。実印を登録した役所や、市町村の出張所などで発行してもらうことが出来ます。詳しくはお住まいの市町村の役所へ問い合わせてみましょう。

印鑑証明

役所に提出、登録した印鑑です。

運転免許証

車を持っている方なら、問題ないでしょう。


特殊な場合に必要な書類

車検証の住所が引越しなどで、現住所と違う方や結婚して姓が変わった方、月賦払い(ローン)などで購入された方、車の所有者が本人でない場合、車の所有者が死亡している場合は下記の書類が必要です。
これらの事例以外でも、様々な書類が必要になってくる場合があります。詳しくは車の買取業者に問い合わせてみることをお勧めします。

住民票

引越しなどをしたときに、車検証に記載してある住所と現住所が違う場合に必要になってきます。発行の仕方はお住まいの市町村の役場に問い合わせてみることをお勧めします。

戸籍謄本

車検証に記載してある氏名が、結婚などにより変更している場合に必要です。発行の仕方はお住まいの市町村の役場などに問い合わせてみることをお勧めします。

相続関係の書類

車検証に記載してある所有者が自分の両親などで、すでにお亡くなりの場合に必要になってきます。発行の 仕方はお住まいの市町村の役場などに問い合わせてみることをお勧めします。

所有権の解除書類

ローン・月賦払いで車を購入し、車検証に記載してある車の所有者が自分ではない、という場合に必要になります。所有者欄に記載されている、ローン会社や車の担当販売店に連絡すると、必要書類を用意してくれます。


30秒で簡単入力最大8社へ一括査定

ページの先頭へ

中古車査定

©2010RECOMMEND